サモエド犬ルネとその家族のきまぐれ日記


by samoyed-leo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ラーダニーヴァを出発してから阿寒湖をめざす日ですが 帯広市内で一応マイナートラブルがあったサモエドファミリー号をディーラーでチェックしてもらいました ガソリンスタンドで応急処置してもらった箇所は大阪に帰るまで問題ないでしょうとのこと もちろん交換部品も発注しないといけないので間に合わないという理由もあり その場ではもうできることはありませんでした
年に2万5千kmというとんでもないペースで走行距離が延びているのである意味部品の疲労は思わぬところに現れるということかも知れません

帯広というと六花亭本店があるので立ち寄ってみました
賞味期限わずか3時間というサクサクパイがあるということでこれはもう味わってみるしかありません

見た目は葉巻のようなパイ生地の中にカスタードクリームが入っています
f0128542_158996.jpg

食べた感じはサクサクした生地の中にもっちりとしたクリームが口の中で合体します
f0128542_0594033.jpg

お店でしか食べられないというのはこのサクサク感がすぐになくなってしまうんでしょうね
コーヒーをセルフサービスでフリーでいただけるのもありがたかったです

摩周湖の売店でいももちを売ってたので買ってみましたが何かが違いました
f0128542_143536.jpg

これはわたしたちの家の近くのスーパーでも売っているようなものに近い感じがしました

道の駅摩周温泉でひとやすみ 広々としていてドッグランまでありました
f0128542_161699.jpg


阿寒湖で泊まったトゥラノは鶴雅グループという温泉旅館の系列でビュッフェ形式のレストランが利用できるようになってました 犬は宿泊部屋か車に置いていかないといけません
わが家は迷わず車を選択しました 夜の気温は10℃台なかばまで下がっていて問題ありません
わが社でも使っているような形式のパレットのようなお皿を使っていろんな料理を食べることができました
f0128542_118876.jpg


カレーからかに雑炊まであって好きなだけ食べられます
f0128542_1303940.jpg


お肉は鉄板焼きでした
f0128542_131250.jpg


デザートもよりどりみどり
f0128542_131278.jpg

こういうスタイルはなじみがあります
2連泊になっても飽きないくらいの種類はありました

翌朝の朝食でもついつい食べてしまっておなかいっぱいになりました
f0128542_1391139.jpg


美幌峠に立ち寄った時に前回いももちを食べたのを思い出しました
屈斜路湖の有名なお店に行こうと思ってたけどここでもう一度買ってみました
これこれ この味です これを食べたかったんです
f0128542_1474898.jpg


ここに来てよかったねー ルネ
f0128542_1494750.jpg

リードは柵にかけてあるだけです 動けないと思ってるのがおもしろかったです

んまいもんシリーズ まだ続きます 次は富良野です
# by samoyed-leo | 2017-07-20 23:59 | んまいもん | Comments(0)
3時間40分の船旅はすぐ眠ってしまったのであっという間でした
ばたばたとルネを車に乗せて出発となります
函館港から函館市内の朝市をやっている一角にやってきました
ここでのお目当ては「くいしんぼう函館」さんの三色丼です
わたしのチョイスは うに・いくら・ホタテの三色です
f0128542_1324493.jpg


かみさんは うに・あわび・いくらの三色でした
f0128542_133469.jpg

お店の営業は午前7時からで着いたのはまだ6時台でした お店の真ん前に駐車させてもらいました
んー 朝からこんな贅沢なの食べていていいんでしょうか? もちろんお味は絶品でした
生け簀があってそこから必要な海鮮物をすくい上げて調理します 鮮度は抜群です

ここから帯広までは遠い道のりです 先を急がなければ とは思いましたが温泉にも入りたいし お昼ご飯も名物が食べたいので高速道路に入らずに寄り道をしました
JR北海道で有名な駅弁といえば 森駅のいかめしです
これだと車の中でささっと食べられるしけっこうなボリュームがあって充分お昼ごはんになりました
f0128542_1393689.jpg


途中でフロントタイヤ前部の部品が一部はずれて地面にこすれるというマイナートラブルがありましたがたまたま給油も兼ねて入ったガソリンスタンドの方が親切にも無料で結索ロープでしっかり留めてくれたおかげで帰宅するまで問題なく走り切りました ガソリンスタンドのスタッフさんありがとうございました
いろいろありましたが目標の15時を30分まわったくらいにミクさんと待ち合わせをしていた「カフェぼたん」さんに到着しました カフェの看板犬はグレートピレニーズのぼたんちゃんです
f0128542_1464730.jpg


芝生のドッグランでさんざん遊んだ後にカフェタイムをとりました
わたしは和風白玉ぜんざいパフェをいただきました
f0128542_1485064.jpg


かみさんはチーズケーキです コーヒーも本格的でおいしかったです
f0128542_1492926.jpg


ルネはミクさんにもなでなでしてもらって満足げでした
f0128542_1535739.jpg


そして記念すべき北海道での1泊目 「ラーダニーヴァ」さんの夕食です
全景はこんな雰囲気です
f0128542_1542447.jpg


お刺身は鮭とホタテです
f0128542_1551112.jpg


お魚はジェノベーゼ風ソースがかかった白身魚でした
f0128542_1563127.jpg


そしてメインはビーフシチュー ほろほろとフォークでくずして食べられるくらいやわらかでした
f0128542_1573754.jpg


翌日の朝食はこんな眺めを見ながらいただきました
f0128542_1583387.jpg


画像処理に時間がかかるのと写真が多いので続きはその3にします
# by samoyed-leo | 2017-07-19 23:59 | んまいもん | Comments(0)
今回の旅行で体重が増えてしまってただいま減量中のパンジャです
おいしいものを食べるのも旅行の楽しみなのでついつい食べ過ぎてしまいました

まずは途中泊のペンションアニマーレアネックスの食事からです
f0128542_0395355.jpg


旅行記でも書きましたがいつも立ち寄っている那須アウトレットモールの近くなので
ついついぎりぎりまでアウトレットにいてペンションの前に着いたとたんに電話が鳴りました
「ちょうど今着いたところです」という返答をしましたが連絡も入れずに失礼しました

そしてすぐにはじまる夕食です
f0128542_0431840.jpg

オードブルを兼ねたサラダからスタートです

ポタージュスープはたっぷりありました
f0128542_0444394.jpg


魚料理はカジキマグロだそうです
f0128542_0453425.jpg


そしてお肉
f0128542_04554100.jpg


最近もらえなくてもにおいをかぎにくるルネですが 今回はあきらめたのか熟睡してました
f0128542_0464010.jpg

お友だちがいなかったのもテンションがあがらなかった原因かも?

そしてデザートです
f0128542_0473147.jpg


翌朝の朝食ででてきたパンが焼きたてでおいしかったです
そして朝からスープもたっぷりでおなかいっぱいになりました
f0128542_049828.jpg


ここからがんばって青森をめざします
そこで昼食場所を探して仙台の牛タンにすることにしました
仙台市内に入るのは初めてです わんこOKとはいえ見た目だけでは中型犬というのが通用しないルネのことなので一応体重と犬種をあらかじめ電話で説明してからおじゃましました
「牛タン おやま」さんです やっぱり最初ひとめ見てびっくりされましたが同席になった一般のお客様にご了承を得て店内のカウンターで食べることができました
極上限定牛たん焼き定食 んまかったです
f0128542_053412.jpg

お店のご主人とおかみさんにもかわいがっていただきました
偶然同席になったお客様の中には関西からの(言葉でわかりました)方がいらっしゃって昨日大阪を出てこれから北海道をめざすということを説明して驚かれました
テールスープも絶妙です
f0128542_0561119.jpg


さすが東北 んまいもんには事欠きませんねー
そして船中1泊の前に青森港で夕食場所を探したのがうどん屋さんの「花いちもんめ」さんです
ここはテラス席のみわんこOKです ただテラスと店内が続いていますので実質店内と同じ感覚です
ルネはやっぱりここでもかわいがっていただきました
f0128542_102941.jpg


ここでわたしが注文したのは青森シャモロック汁うどんでした 鯖押し寿司も一緒に注文しました
f0128542_132147.jpg

麺がもちもちで歯ごたえがあってシャモロックだしがよく効いていてつけ汁まで全部いただきました
地元での評価がよかったのも納得のお店です

そしてこの鯖押し寿司 いままで食べた中で一番おいしかったのは沼津港で食べたものでしたが
これも遜色ないくらい他では食べたことがないおいしさでした
f0128542_161310.jpg


かみさんの注文はカレー南蛮うどん これがまた和風カレー風味のだしが絶品でした
f0128542_171225.jpg

おいしいものが2連発でくるとこれからの北海道でも期待できますねー
次はいよいよ北海道の初日から その2に続きます
# by samoyed-leo | 2017-07-18 23:59 | んまいもん | Comments(0)
本州へ帰る船旅は順調でした 午前4時には青森港に到着
もう薄明るくなってきています ここから宿に直行するのはもったいないので
東北の温泉にも入っておこうとめざしたのが温湯温泉でした
f0128542_037618.jpg

シャンプーもリンスも持ち込みのみという潔さ
近所の方が朝早くというのにもうたくさん来られてました
やっぱり温泉っていいですね

気分が良くなったところでドライブ先に選んだのはわたしたちの未踏の地 十和田湖です
f0128542_040403.jpg


一周するとかなりの大きさかと思います 湖面に沿って道路が通っているけど湖面は見えず
木が生い茂ってます 数少ない展望台でしか見渡せません
f0128542_042833.jpg


雄大な眺めは来て良かったと思いましたがそこから宿に向かう道のりがもうすでに暑いし疲れはやっぱり蓄積していて休憩が多くなってきました でも休憩場所でもなかなかルネを降ろす所が無い状態でした いつもよりすこし宿までの距離が長く感じられました
でも裏磐梯の見慣れた風景を見るとここまで帰ってきたんだという実感がじわじわきました

この旅行最後の宿は「ぐーたらパパ」さんです
f0128542_0481221.jpg


宿から磐梯山を見るとこんな感じです
f0128542_051926.jpg

実はダイニングルームから見える磐梯山が気に入ってここにしました
もちろん芝生のドッグラン付きで他の施設やお料理も充分よかったのですが
この風景には圧倒されます
f0128542_0524861.jpg


快晴のこの日の夜は素晴らしい月夜でした わたしのカメラでは性能的に限界があります
f0128542_054942.jpg

肉眼で見る月夜は本当に見事でした

この宿からはものの5分くらいで五色沼があります
先代のレオが体調をくずしていた時に訪れたことがあります
身体もだるそうだった(今にして思えば)のに連れ歩いてかわいそうなことをしました
目が不自由だったレオにとってはおおきな石がごろごろ埋まっている遊歩道は歩きにくかったとおもいます ルネは元気でわたしたちをリードするように歩いてくれました
毘沙門沼です
f0128542_0584380.jpg


ここから全部の沼をめぐる時間も体力(わたしたちの)もありません
反対側にまわっていくつかの沼めぐりをすることにしました
というのも反対側からだとけっこう木陰があることを前回行った時に記憶してたからです

これは青沼かな 北海道でもいろいろな湖を見ましたが神秘的な青さというのが共通してます
f0128542_12741.jpg


途中できれいな水が流れているところがありました
f0128542_12417.jpg


途中の弁天沼もけっこう大きな湖です
f0128542_134476.jpg


つきあってくれてありがとうね ルネ
f0128542_151092.jpg


わたしが思ったとおりこの季節に散歩できる唯一のコースだったと思います
f0128542_163035.jpg


この後はひたすら走って家に帰るだけです
最後は体力勝負 喜多方ラーメンで力をつけて北陸道まわりで走りぬきました
23時くらいという到着予想時間をかなり短縮できました
大阪を出たのが10日前 この10日間で走った全走行距離は4,900kmほどでした
行く前にオイル交換をしたのにもうまた交換しないといけません
青森~函館の間だけ船でしたが 後はずっと運転していました
時間(休み)さえあればなんとかなるとは思っていました
またいつになるか挑戦してみたいな できるかな?
とにかく無事(交通違反も事故もせずに)帰ってくることができました
長い長いブログになりましたが ご覧いただいてありがとうございます
続きはそのいくつになるかわかりませんが んまいもんシリーズです
# by samoyed-leo | 2017-07-16 23:59 | 旅行記 | Comments(2)
ペンションプルーミンではお友だちができました
フラットコーテッドの女の子 お名前を聞き逃しましたが東京にお住まいのご夫妻が保護犬とご自身の飼い犬を連れてのご旅行だそうです この子は長野の里親さんの家に行くことが決まっているそうです
f0128542_105156.jpg

また長野で会えるといいね

この宿に着いた時にいきなりルネを部屋に放してあげて下さいと言われてびっくりしました
たまたま他のわんちゃんがいなかったこともあるけど 普通はそんなことは言えないんじゃないでしょうか
おかげでルネはおもちゃを出したりもふもふしてもらったりではしゃぎまわってました
f0128542_152329.jpg


ここはお部屋がロフト付きになってます わたしがはしごを登って自分のベッドに行くことになりました 上から見下ろしてぱちり
f0128542_164949.jpg


おとーさんどこへいくんですか?という顔かな?
f0128542_175951.jpg


窓を開けて寝るとさわやかでクーラーは要りませんでした
翌朝ペンションを出たところでこんな光景が見えました
f0128542_193936.jpg


羊蹄山です 蝦夷富士と呼ばれるだけあって違うのは標高くらい 富士山そっくりです
f0128542_1102780.jpg


こんないい眺めのところでお散歩できるなんてラッキーだね
f0128542_1112373.jpg


散歩のときにも見かけたんですが このあたりは蝦夷リスが普通にいます
朝食を取っている時にテラスに遊びに(ひまわりの種を食べに)来ていました
f0128542_1125434.jpg


今は子育てにいそがしいそうで 栄養のあるひまわりの種やくるみをオーナーさんが窓際に出してあげているので窓から見られていても結構平気で動き回ってます
f0128542_1142716.jpg

おおらかなオーナー夫人さん お世話になりました またぜひ来たいです

この日はいよいよ函館から本州に向けて出発する日です 出港時間は夜中の12時過ぎなのでちょっと余裕があります そんなわけで唯一通過するだけだった札幌でラーメンを食べに行くことにしました でも市内は30℃を軽く超える暑さでした ルネを降ろす場所もわからないのでエンジンをかけたままの車を駐車場に入れてさっと食べて戻る作戦にでました
そのため札幌の写真はラーメンだけになってしまいました 
食べ物はんまいもんシリーズでご紹介します
立ち寄るところもわからないのでそのまま高速道路で函館をめざしました
明るいうちに着いたので五稜郭公園に立ち寄ることにしました
桜の木がいっぱい生えているのでさぞや満開になるときれいなんでしょうね
f0128542_1224981.jpg


わんこ連れで散歩をされる方も多くてルネはそっちばかり気にしてました
f0128542_1234626.jpg


五稜郭タワーも登れずじまいです でもルネを連れてくるにはいいところでした
f0128542_1243086.jpg


この後夕食を食べてから函館山が見えるお風呂に入りました
スーパー銭湯なんですがちゃんと温泉でした 露天風呂からは本当に函館山が見えました
後はスケジュールがきついんですが夜間10時以降に登れる函館山からの夜景を見に行きました
f0128542_1264667.jpg

意外に六甲山ほどの高度はないんですが独特の形の地形がわかりやすくて街の明かりも近く見えるのでよかったです

いよいよ北海道としばしのお別れです いろんなところに行けたので大満足です
ルネも船室でこの通り満足げでした
f0128542_129350.jpg

楽しかったねー できればまた来ようね
ということで東北経由の旅の最終宿泊地の話題 その8に続きます
# by samoyed-leo | 2017-07-15 23:59 | 旅行記 | Comments(0)
北海道5日目の朝はこの光景を目にやきつけながら一路積丹半島をめざします
f0128542_026765.jpg


札幌を通過 余市で蝦夷バフンウニのウニ丼を食べるため柿崎商店さんに立ち寄りました
余市といえばニッカウヰスキーの余市工場が有名です
残念ながら時間がなかったので中には入りませんでしたが いい雰囲気のクラシカルな工場でした
f0128542_0293569.jpg


そして元宇宙飛行士の毛利さんのゆかりの地ということで宇宙桜が植えられてました
f0128542_0304414.jpg


ゾロ目がそろってたので思わずぱちり
f0128542_0312612.jpg

一番左は外気温 真ん中はわが家を出てからの暫定の燃費です ルネを車において合計数時間くらいはアイドリングをしていた割には北海道に来て安全運転?の成果で11km/ℓという過給機付きエンジンとしてはなかなかいい数値です

余市を出てしばらく走ると神威岬に着きました 積丹ブルーといわれる海の青さに感動です
f0128542_0381639.jpg


ただこの日はすごい強風で立っていられないくらいでした そのため最先端には行けずじまい
記念撮影だけになってしまいました
f0128542_0395893.jpg


ルネも向かい風で流線形になってしまうくらいの風でした 風を背にしていてもふらつくくらいです
f0128542_0423295.jpg

ハワイのヌアヌパリを思い出しました

それにしても海がきれいです
f0128542_0432872.jpg


先っちょに行ってみたかったな
f0128542_0452569.jpg


ここからのドライブはわたしにとって北海道でたまったストレスがからっと晴れる気持ちいい道でした 
時々停まっては今までいた神威岬をぱちり
f0128542_0455361.jpg


そしてここからニセコに向かう峠道は長野のビーナスラインのような適度なカープの連続です
交通量も少なくてよかったです
宿に入ると温泉に入れないのでひと風呂あびることにします
ニセコ温本温泉は単純硫黄泉です 白濁の温泉はかみさんのお気に入りでした
f0128542_0515626.jpg


この日の宿はペンションプルーミンさんです ラーダニーヴァと並んでお気に入りの宿にさせていただきます
f0128542_0544760.jpg

料理はおいしいし量もたっぷり オーナーさんはやさしくて料金もお得価格でした
ニセコは函館からも直接アプローチできる距離ですし また利用したいと思いました

この日の夜から北海道最後の日にかけては その7に続けます
# by samoyed-leo | 2017-07-14 23:59 | 旅行記 | Comments(0)
北海道4日目の朝です ラーダニーヴァのオリガちゃんともお別れです
f0128542_1182152.jpg

また来るからね

この日まずめざしたのが青い池と呼ばれる人造池です
車で駐車場に向かいしばらく歩くとこんな光景が見えてきます
f0128542_1203655.jpg


偶然の産物ですが池の水にとけた成分が青く見える原因だそうです
外国人観光客の合間をぬってルネを撮りました
f0128542_1223113.jpg


ウェディングドレス姿でお姫様だっこされて記念写真を撮る海外のカップルが来るというのもわかる気がします
f0128542_1233552.jpg


この日は富良野に宿泊するんですが 思いつきで旭川の旭山動物園を訪ねてみることにしました
f0128542_1252994.jpg

わんこは入れないのですが本場のシロクマグッズをゲットするために立ち寄りました

マグネットで水に飛び込むシロクマをあらわすものがありました かわいいのでついつい買ってしまいます
f0128542_1272258.jpg

動物園に来られたお客様にもちょっとだけモフモフが売れました

富良野の宿は「ひつじの詩」さんです
f0128542_0203345.jpg

ユニークなオーナーさんで猫や犬の保護活動もされています
北海道にはまだ本当の意味の野犬(人間に飼われたことがないまま大人になった犬)がたくさんいて仔犬を保護しても野生なので取り扱いが難しくて血まみれになったりされるそうでそういう苦労話をいっぱいしてくれました
ルネにとっては悩ましかったのがダイニングの扉1枚開けると保護猫の部屋でみるみるうちにいっぱい近づいてくるんです わたしたちがトイレに行くにはそこを通らないといけないんですが ルネはにおいでわかるみたいで入りたそうにくんくんしてました

この日の昼間に有名なラベンダーファームに立ち寄ったんですが すごい人混みで写真撮影をあきらめて翌朝早く朝食前に宿を出て行ってみることにしました

今年はずっと寒かったので早咲きのものがやっと咲き始めたくらいでした
毎年海の日くらいが見ごろのピークで来られる方もピークになるそうです
ちょっと暗かったんですがなんとか写真を撮ることができました
f0128542_138038.jpg


ラベンダーにもいろいろ種類があるんですね 白っぽいのから濃い紫までありました
f0128542_1423723.jpg


前の日にラーダニーヴァで同宿になった岳くんというバーニーズマウンテンのお友だちと早朝に再会しました わんこと写真を撮るには24時間空いているファームでこういう時間帯に撮るのが一番みたいです
f0128542_1443576.jpg


他にもいろんなお花畑がありました
f0128542_1451383.jpg


朝焼けがきれいでいい写真を撮ることができました
f0128542_1495038.jpg

次の日は最後の宿のニセコに移動するんですが 富良野メロンの試食や食べ歩きをして
北海道らしい1日を満喫しました  画像が多いのでその6に続けます
# by samoyed-leo | 2017-07-13 23:59 | 旅行記 | Comments(0)
阿寒湖の朝散歩の風景です この船の最後尾に隠れているのが今回宿泊したトゥラノです
f0128542_0245341.jpg


この日は裏摩周をドライブしました
目的地はいまやグーグルでも登録されている神の子池です
前回訪問は確か2004年だったと思います 13年ぶりということになります
池のほとりにはこんなりっぱな看板が設置されていました
f0128542_0282420.jpg


以前は下流に水辺に降りられる場所があって水温8℃の手が痛くなるような水に触れられたんですが 今は周囲に遊歩道が設置されていてそれ以上近寄れないようになってました
気のせいか池の中の魚(オショロコマ)も数が少なくなってました 前回はすごくたくさん見られたんですけどね 時の流れなのか他の理由なのかはわかりません
それでも撮影スポットは何ヶ所もあって角度を変えて神秘的な池を撮ることができます
f0128542_032107.jpg


水は相変わらずきれいでした
f0128542_03242100.jpg

駐車場に続々と車が入ってきたので早めにきりあげることにしました

そのまま少し走ると裏摩周展望台があります 標高が表側よりちょっと低くて霧の日でも湖面が見える確率が高いそうです
f0128542_0363114.jpg


このまま帯広に帰ってもよかったんですがせっかくなので少しでも多く北海道をドライブすることにしました 展望台を下りると石川さんのお宅がある中標津町に入ります
少し走るとこんな北海道らしい光景に出会いました
f0128542_0384277.jpg


遠くには乳牛が放牧されています
f0128542_0391491.jpg

いいですねー やっぱり この広大さは北海道ならではです

基本的には大まかな予定はかみさんまかせでした でも思いつきで行先をちょっと変更するのは運転するわたしの特権です 予定を変えて美幌峠をめざすことにしました
バイクやオープンカーなら気持ちいい峠道でしょうねー ライダーさんたちの名所でもあります
f0128542_0423351.jpg


これぞ360度パノラマ 適度に風もあって快適なルネの散歩になりました
f0128542_0434442.jpg


屈斜路湖がよく見える位置です
f0128542_0444132.jpg


真ん中の島もよく見えてました
f0128542_0454910.jpg


道の駅の名前がまたふるっていました
f0128542_0474177.jpg


懐かしい味のいももちを食べることができてテンションもあがりました
3泊目はラーダニーヴァに戻ります
窓から見えるこの光景をおかずにおいしいお料理を楽しみました
f0128542_04927100.jpg


ルネは「僕にもなにかないですかー」と言っているわけではありません
たぶん看板猫のニーヴァちゃんが気になっているんだと思われます
f0128542_0503914.jpg


翌朝はまた一層幻想的な霧が出てました
f0128542_051388.jpg


かみさんとルネがちょっと離れるともう見えなくなりそうです
f0128542_052796.jpg

ラーダニーヴァを出発して北海道4日目はあの有名な富良野へ向かいます
その5に続く
# by samoyed-leo | 2017-07-12 23:59 | 旅行記 | Comments(0)
ラーダニーヴァで迎える朝はもやってて幻想的でした
f0128542_0563097.jpg


空撮で撮らないと本当の広大さはおわかりいただけないかも知れません
日本にこんなところがあったなんて
f0128542_0575253.jpg


ルネもなんか海外のインスタ画像みたいです
f0128542_0594892.jpg


途中で立ち寄った足寄の駅は元は列車の駅だったのがありありとわかります
今はただの道の駅っぽくなってるんですが当時の雰囲気をそのまま感じられておもしろかったです
松山千春さんのゆかりの地ですね 音楽もどこからか聞こえてました
f0128542_15012.jpg


この日は天候がいまいちはっきりしませんでした
途中からけっこうな雨が降ってきて 楽しみにしていたオンネトーで車から降りることができずに写真撮影だけで終わってしまいました
f0128542_155818.jpg


天気が良ければ時間によって刻々と変わる不思議な青い湖が見られたのですが
残念ですが次回また来ようと思います
f0128542_184421.jpg

ここに来た帰りにキタキツネが道路を横切るのを見ました
いわゆる「観光キツネ」と言われている人馴れしたキツネのようでした
警戒感もなく停まっていた他の車をのぞきこむ様子を見ながらそこを通り過ぎました
車に対する警戒心もなくてよく交通事故に遭うそうです
その場の思いつきで軽々しくえさを与えたりしないようにするしかないのですが
徹底することはなかなか難しい問題です

気をとりなおして摩周湖に向かいました 途中の道はわたしの好きな山道です
でも今回北海道に来るにあたっていろいろな方から昼間はネズミ取りが多いので注意をした方がいいとさんざん聞いていましたので法定速度プラス10kmくらいを維持しながらゆっくりと走りました
地元ナンバーといってもほとんどが「わ」や「れ」といったレンタカーが多いんです
結局本当に最後にドライブを楽しめたのは最後の宿に向かう積丹半島からニセコへの道くらいでした

かみさんの気合が入ったのか摩周湖に近づくと雨があがりました
f0128542_119571.jpg

霧の摩周湖ではなくて全体が見渡せてよかったです

どこにいっても外国人観光客が多いです わんこ連れ旅行者は珍しいのかよく記念撮影を申し込まれます 極力ご希望に応じているつもりですが時間が限られているこちらの事情もあるのでなかなかそうもいきません
f0128542_1221159.jpg

ルネはどこにいっても元気で楽しそうについてきてくれました
この旅行を通じてルネの体調がよかったのには本当にありがたかったです

ルネの方もおすわりして待てがかなりできるようになってきました 撮影慣れしてきたかな?
f0128542_125327.jpg


北海道2泊目の宿は阿寒湖です 温泉旅館の系列でわんこOKの建物だけが独立しています
f0128542_127773.jpg


大浴場とかブッフェスタイルの夕食、朝食も本館で利用することができます
お部屋も結構広くて快適でした 窓からは阿寒湖が見渡せます
f0128542_1291135.jpg


懐かしい光景です
f0128542_1293694.jpg

もうちょっとお店とかを散策してアイヌのおみやげとかを見たかったんですが寝落ちしてしまいました
観光船は朝6時から夜まで発着しています やっぱりここも外国人観光客が多かったです
夜はライティングされてきれいでした
f0128542_1314189.jpg

宿の大浴場は時間をずらして男女の入れ替えがあります
岩風呂のある露天風呂はわたしが小さい頃入った道後温泉のジャングル風呂を思い出しました
いろんなお風呂があって探検できるのが楽しかったです
翌日もはっきりしない天気予報でしたが 結果はどうにか観光ができるくらいには回復しました

ホテルを出る時に品のいいご老人がお見送りに来てくれました どうも雰囲気からみてオーナーさんか社長さんという感じでした なかなかご丁寧なおもてなしで恐縮しました
次の日はもっとも北海道らしい行程になります その4に続きます
# by samoyed-leo | 2017-07-11 23:59 | 旅行記 | Comments(0)
函館に向かうフェリーの中ではひたすら寝ました 翌日は帯広まで移動しなければいけません
ルネと一緒の船室はツインになっていてクーラーもよく効いてました
かみさんは寒かったみたいですが ルネにとっては快適だったようです
翌朝6時過ぎに無事上陸しました 朝食は函館市内の朝市にあるお店です
くいしんぼう函館さんはわんこOKの貴重な食事場所です ルネもかわいがってもらいました
f0128542_050595.jpg

海鮮丼がおいしかったです んまいもんシリーズでご紹介しますが今回は北海道だけあってんまいもんもいっぱいでした んまいもんだけでその3以上にはなりそうです

朝食が終わったら次はお風呂です 東北も北海道も温泉だらけ 選ぶのに苦労します
名前だけは聞いていた登別温泉に向かいました 日帰り入浴可能な花鐘亭はなやさんです
お風呂の画像はありませんが前を流れる川も入った温泉と同じように白濁してました
f0128542_0564827.jpg

温泉は大満足でした

テンションがあがったところでひたすら帯広へ向けて移動します
途中のSAでは海を望む見晴らし最高の休憩場所がありました
f0128542_111090.jpg


今回の旅行はすごくハードスケジュールなのでお友だちに会えるのはこの日だけの予定です
釧路からわざわざ会いに来てくれたのはミクさんと瑠璃ちゃん琥珀くんです
ルネがまだお散歩デビュー前にわが家まで会いに来てくれたことがあります
瑠璃ちゃん元気そうだね
f0128542_154417.jpg


琥珀くんもひさしぶり
f0128542_162740.jpg


カフェぼたんさんは全面芝生のドッグラン付きです ルネと一緒にいっぱい遊んでもらいました
f0128542_17414.jpg


しかし楽しそうに遊ぶね
f0128542_1115763.jpg


どこに行っても次々とおもちゃを出してきてはほったらかしにします
f0128542_111347.jpg


3頭が遊んでる姿 見飽きません
f0128542_1132559.jpg

ミクさん 瑠璃ちゃん琥珀くん ありがとうございました

ついつい長居をしてしまって宿のチェックインの時間が夕食ぎりぎりになりました
那須の1泊目と同じように宿についたその時に宿から確認の電話をいただきました
北海道1泊目と3泊目はサモ友さんおすすめのラーダニーヴァさんです
部屋に入って窓から外を見てびっくりしました
f0128542_1173472.jpg


どこからどこまでが庭なのかわかりません 見渡す限り広大な芝生が広がってます
早速庭に出てみました
f0128542_1193513.jpg


ガーデニングのことはわかりませんがおそらくこんな庭をめざしておられる方はいらっしゃると思います 考えられる限りの素敵なお庭でした
f0128542_1205741.jpg

建物とか庭とかも手作り感があります

ふと気がつくと看板犬のオリガちゃんがいました
f0128542_1223170.jpg

まるでアルプスの少女ハイジの村のイメージそのものでした

部屋のテラスから庭にそのまま出ることができます
f0128542_1234849.jpg


散歩してると部屋からかみさんが出てきました
f0128542_1243195.jpg

雨が降ったようですが夜は霧のような雨でそんなに濡れませんでした

看板犬のオリガちゃんはサモ友さんによると走れるセントバーナードだそうです
f0128542_1263247.jpg

今度行った時はいっしょに走れるかな?

函館に上陸してから充実した北海道初日でした 当然ルネは大満足でこの通りでした
f0128542_1285993.jpg


その3へ続く
# by samoyed-leo | 2017-07-10 23:59 | 旅行記 | Comments(4)