サモエド犬ルネとその家族のきまぐれ日記


by samoyed-leo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

その日がくるまでは

正直なところ 心配していただいているみなさんにいい知らせを書きたくて
うずうずしているのですが 実際は一進一退というのが現状です
まったく食べ物を口にしなかった一時期を乗り越えて 今は雑炊はなんとか完食
でも食べ物が変わったためか 最近の血糖値は「HIGH」 500以上で測定不能です
うちのかかりつけの先生は素人のわれわれにもわかりやすく(いっぱい患者さんが並んでいても)
説明してくれるし、 わたしと同じくスバリスト(スバルの車好き)でいい先生なんだけれど
はっきりと教えてくれすぎるきらいがあり、 以前 糖尿病の犬としては充分?長生きという
なぐさめの言葉をかけてくれたりしたけど 先生の見立てではレオはもう元のようには
戻らないそうです   それよりも この1ヶ月のレオのがんばりは本当に驚異的
先生はたぶんこんなにがんばるとは思ってなかったようす
わたし自身も 朝になったらもう動かないんでは? と何度も思ったし、 かみさんと2人で
あまりによく眠っているときは 息をしているかどうか確かめたくなるほど弱ってきていた

ところが 最近ではあのかりかりの固形フードを2粒ずつゆっくりと食べさせると普段の
半分くらいは食べるし、 牛乳もがぶがぶ ヨーグルトもぺろぺろ
f0128542_132025.jpg

このまま回復してくれるのでは? と期待を持たせてくれる時期もあった
でも 足腰はよろよろで 調子が悪そうな時には用を足すときに介添えをしてやらないと
そのままくずれおちることもある  
体重はなんとか27kg台は維持しているが それも1.5㍑の点滴に通える日は通っているから

気になることがいくつもある
尿におりる細菌はもう問題ないレベルだが 慢性の貧血と 白血球の異常値(5万超)
エコーでもX線でも 検査をできることはやってみたが 白血球が多いその原因がわからない
加えて以前去勢するきっかけになった前立腺の再びの腫張と硬化
直腸の触診で直腸壁ちかくにピンポン球くらいの腫瘤がある
癌の転移? 白血病? もう対応できる体力はないが 相手がわからないことには対処のしようがない

今迷っているのは リスクをかけて精密検査をするかどうか?
聞いただけでもぞっとする脊椎穿刺による髄液検査などなど

レオの生きようとする気力があるうちは ささえてあげないといけないと思っている
わたしたちがあきらめたら レオにもそれがわかってしまうかも知れないし
正直 先生の見立てが間違っていることを願っています
あれっ? いままでの元気のなさは何だったの?と言われるくらいになる日がくることを・・・
水を飲むレオ  よだれみたいに見えるね
f0128542_134440.jpg

Commented by こじこじ at 2010-10-01 03:29 x
今日も散歩をしながら、レオ君どうしてるかな、
ご飯食べれたかな、元気になったかな。。。
そう毎日思いつつ、パワー送ってますよ。
レオ君の頑張る姿に、おばちゃん「疲れた~」なんて言ってられないな!と勇気をもらいました。ありがとう。
原因がわからない不安と苛立ち、大変お辛いと思います。
でも、わたしもパンジャさん、則子さんと同じく
レオ君の生命力、信じてますよ!
頑張れ、レオ君!U^ェ^U
Commented at 2010-10-01 06:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-10-01 07:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by くまじママ at 2010-10-01 08:38 x
私もこじこじさん同様、今日はレオくんどうしてるかなと日々想いをめぐらせてました。
一進一退とのことですが、「進」がいっぱいあってよかった!
少しずつでもご飯が食べられているようで本当にうれしいです。
さすがレオくん!と言える日が来ることを祈っています。

↓のツーショット日記見逃してました~。
最高のショットです。フタリとも超かわいい♪♪
どちらも大事な大事な宝物ですね。
Commented by シトラス at 2010-10-01 08:52 x
私も毎日レオくんの様子を更新されていないか気になって仕方がありません。
レオくんの食欲と生きようとする気力に感謝です
涼しくなってレオ君が過ごしやすくなって良かった
また必ずレオ君って直接会って呼んで、おやつをもらいに来てくれると信じてます
Commented by ヒポ at 2010-10-01 13:45 x
涼しくなってきて少しは良くなってると思ったんですがまあまあの状態なんでしょうか。
腫瘤の検査するにしても手術するにしても麻酔に耐えられるか
心配ですよね。ただレオ君ものすごくがんばってるので少しでも
楽になってくれる様にそして元気が戻ってくる事をお祈りしてます
がんばれレオ!
Commented by ちーやん at 2010-10-01 15:55 x
私もレオ君の生きる力に感謝です。。。
迷って悩んで答えを探す中で、自然にレオ君に一番いい
方法が見つかりますように。。。
私もレオ君や支えるパンジャさん夫妻を見習って
ガンバルぞー!!
Commented by tery at 2010-10-01 22:02 x
少~しずつ快方に向かっているように感じて嬉しく思います。
腫瘤、、悪いものでなければ良いけど、、、
手術以外の方法でレオ君に負担にならない方法が見つかると良いのに・・
レオ君の辛さが少しでも軽くなることを祈っています。
Commented by mimizuku at 2010-10-01 22:20 x
レオ君が立ち上がっている画像が目に飛び込んできて「あ 良くなって来たんだ」と思いました
少しでも穏やかな日が続きますよう パンジャさんご夫妻も毎日が大変でしょうが
レオ君頑張れと応援をしています
Commented by マチコ at 2010-10-01 23:55 x
血糖値とあわせて体調管理というのは難しいもんですね・・・
食べてくれるなら何でも与えたいのに血糖値が上がって
また体調を悪くするじゃないかって。
でも、逆に考えれば食べた物を糖に変えてるってことだから
体の機能はしっかりしてきてるってことにもなるのかもしれないですね。

獣医さんのことなんですけど、
セカンドオピニオンっていうのはどうでしょうか?
違う獣医さんでも同じことを言われれば
納得もいくでしょうし、
もしかしたら自分達の考えてることに近いことを言ってくれるかもしれないし。
見方を変えてみるのもいいのかな、と。

大変な中でのレオくんの報告、ダンナもどうだって?って聞いてます。
頑張ってる姿、かっこいいよ!レオくん。
Commented by パンジャ at 2010-10-02 23:36 x
こじこじさん> お返事遅くなりました
こんなことにこんなに早くなるとは思ってませんでした
あと何回かおっきな公園におじゃまして再会できることを信じていましたが・・・
最後まで本当にがんばりました
あたたかいはげましをありがとうございました
Commented by パンジャ at 2010-10-02 23:41 x
2010-10-01 06:09 の非公開さん> 本当に一喜一憂の毎日でした
最近は正直なところ 一進二退 いや一進三退くらいかな?
お医者さんの言うところの 下りのラインに乗ってしまって
とうとうそれを変えることができませんでした
今はやるだけのことをやったという放心状態かな?
みんな元気でねーっ! 元気が一番!
Commented by パンジャ at 2010-10-02 23:44 x
2010-10-01 07:33 の非公開さん> いろいろ本当にお世話になりました
一時はかなり食べるようになって もどさなくなって 克服したのかな?と期待させましたが・・・
最後の夕食でもお肉をスライスしてやったらぱくぱく食べてたんですよ  本当に信じられないくらいあっけなかったです
静かな家にまだ慣れません
みなさん お元気でね  またお会いできますように
Commented by パンジャ at 2010-10-02 23:49 x
くまじママ さん> 本当に最初で最後のツーショットになってしまいました  無理やりどちらもたたき起こしてでも起きている時に撮っておけばよかった・・・
でもよーく考えたら 息子の息子は予定日が10月8日頃
普通に生まれてたらツーショットどころではなかったんですよね
偶然でしょうが不思議な縁を感じます
レオは無事生まれたのを確認してから逝ったような・・・ たまたまですよね
ちびちゃん同士対面できる機会があればいいですねー
大阪にも遊びに来て下さいね
Commented by パンジャ at 2010-10-02 23:52 x
シトラスさん> 何を更新したものかと筆が重かったんです
いいことばかり書けば変にみんなに期待させるし・・・ 悪いことばかり書けば愚痴になるし・・・
言葉で表現するのはなかなか難しいですね
ご心配おかけしてすみません いろいろありがとうございます
Commented by パンジャ at 2010-10-02 23:55 x
ヒポさん> ずーっと検査をお断りしようと迷ってたんです
最近のレオ あまりにも食べるしよろよろしながらでも歩くし
これならリスクをかけて原因を調べなくてもこのまま過ごしていけるのでは?と
結局検査には行けませんでしたが 
いろいろ応援メッセージありがとうございました
Commented by パンジャ at 2010-10-02 23:57 x
ちーやんさん> 何も食べなくなるなんて初めての経験でしたので・・・ みかんくんの看病の大変さがよーくわかりました
昨日は食べたのに今日は食べなくなると なにをやっていいか途方に暮れますよね
でも最後まで見送ることができてほっとしてます
いろいろありがとうございました
Commented by パンジャ at 2010-10-03 00:01 x
teryさん> お孫さんとレオのツーショットみたいなのが撮りたかったんですが・・・ 残念です
この年齢になると悪いもの(癌とか)ができても残りの寿命と癌の成長と どっちが早いかの競争ですよね
Commented by パンジャ at 2010-10-03 00:04 x
mimizukuさん> 良い状態の時の写真しか載せたくないのかも知れません
本当はずーっとよろよろの状態で トイレにつきあうのが大変でした
でもおかげで1ヶ月間 レオと濃厚な時間が過ごせたのかも知れませんね
いろいろご心配をおかけして申し訳ありませんでした
Commented by パンジャ at 2010-10-03 00:08 x
マチコさん> この先生はレオの糖尿病がわかった時からの気心知れた先生なんですよ
レオがこれまで頑張って来られたのは 先生のアドバイスがなくては無理だったかも知れません
あとから冷静になって考えてみたら 先生は本当はすべてわかっていたのかも知れませんね
でもその先生の予想をなんとかくつがえせなかったのはちょっとくやしいです
by samoyed-leo | 2010-10-01 01:35 | ペット | Comments(20)