サモエド犬ルネとその家族のきまぐれ日記


by samoyed-leo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Samoyed Family号は今日も行く 山陰編

レオがいなくなってちょうど半年が経った レオ毛だらけのこの車
f0128542_23164398.jpg

あの地震=(前回の旅行)からもう1ヶ月が経ち、 しばらく自粛しようと思ってはみたものの
いつも通りできることはしっかりやって 経済活動を止めないことも支援のひとつ
そんなわけで 前回同様 サモエドファミリー号で 旅行に行って来ました

米子道を使って山陰へ一直線  ゲゲゲの女房ですっかり有名になった境港をめざす
鬼太郎だらけの街だけど あまり知られてないのは 近くに名探偵コナンの里があること
f0128542_23262848.jpg


ご丁寧にアガサ博士の車まであるし・・・
f0128542_23283019.jpg


朝早く出たので 午前中にはもう ほぼ目的地に近い島根県最東端 美保関灯台に到着
f0128542_23315911.jpg

こうやって見ると 四国の足摺岬にも似ているような気がするな

この日の宿は 島根県の層雲峡とも言われている「立久恵峡(たてくえきょう)」にある
渓谷の宿 御所覧場(ごしょらんば)

ここから見た景色は本当に奇岩が立ち並ぶ墨絵のような世界
f0128542_2343245.jpg

流れる川は神戸川と書いて かんどがわ と読むのだそうだ
f0128542_23443574.jpg


ちょっとうれしかったのは 花粉症持ちのわたしが敵地まっただなかにのりこんだのに
f0128542_2345542.jpg

まわりには杉の花が落ちてきて 真っ赤な絨毯になっているのに マスクなしで
全然平気だったこと  もうすぐ杉の花粉の季節も終わりだ

それにしても見事な杉の木だ
f0128542_23473824.jpg


その杉の木の下には 五百羅漢といわれる仏像がある
f0128542_23492076.jpg

およそ1000体ほどある この石像には かならず知り合いに似た顔があるそうだ

宿の近くには吊り橋が2本 20分くらいで一周できる散策コースになっている
途中で宿を望める場所があった
f0128542_23522620.jpg

宿から川に下りると 男女に分かれた露天風呂と 貸し切りの家族風呂がある
ちょっとぬるめだったけど なかなかいいお湯でした

中国地方をひとまわりした今回の旅行レポート その2に続く
Commented by シトラス at 2011-04-19 09:04 x
そうそう私ははじめて境港の「ゲゲゲ」真ん中に行ってきました
思ってたよりブロンズ像が多くておもしろかったです

この車見たらレオ君いる?ってのぞいちゃいそう
そして居てくれそう
この景色だと絶対一緒にお散歩ですね
Commented by パンジャ at 2011-04-20 00:50 x
シトラスさん> 大山もよく見えてましたよ
車の中、きれいにするのももったいないような気がしてまして…
いつ、わんこを乗っけてもいいようにはしてるんですがねー(笑)
by samoyed-leo | 2011-04-18 23:57 | 旅行記 | Comments(2)