サモエド犬ルネとその家族のきまぐれ日記


by samoyed-leo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

宮古島旅行 その3

さてさて 風景写真だけでは飽きてくるので 今回の旅行でもメインイベントと思っていたスノーケリングツアーの話題に移ります
場所は伊良部島 船で約15分くらいでしょうか 目的のポイントへ移動します
すでに先客のボートが来ています
f0128542_037456.jpg

青の洞窟と呼ばれるポイントは外から見るとこんな感じです
f0128542_0381951.jpg

中に入ると真っ暗で カメラを水中モードにしておくのを忘れていてちょっとあせりましたが なんとか青の洞窟の雰囲気はわかっていただけるかと思います
f0128542_0405349.jpg

中には小さな魚がいっぱいいて 透明度もすばらしい
f0128542_0422743.jpg

ところでかみさんの足 とうとう全快して旅行に参加という淡い望みもかなわず 相変わらず階段は一段ずつ交互に足を出して上り下りできない状態でしたが 根性だけは一流で 両手と片足をうまくあやつり みごとにスノーケリングツアーに無事最後まで参加しました
f0128542_0445063.jpg

ツアースタッフは見事な潜りっぷりで それぞれの参加者の記念撮影をしてくれました
f0128542_0472697.jpg

初心者が結構いたせいか ブランクが長かったわたしと負傷中のかみさんでもなんとか経験者の面目は保てたみたいで 帰ってからツアーガイドさんに お2人だけならもっといいところにお連れできたのに(おせじだろうけど)と言われました

つづいてスノーケリングポイントに移動 今回わたしたちを楽しませてくれたマスコットともいえるカクレクマノミに会いに行きました
もぐり始めてすぐにガイドさんがボードを置いたところには・・・ いたいた! ニモだーっ!
f0128542_0514889.jpg

キョロキョロした目と ぱくぱくしゃべっているような口がかわいい
後から気がついたんだけど このあたりのカクレクマノミは人が来る頻度が少ないせいかおおらかで カメラを持って近づいてもいそぎんちゃくの中に潜り込まずにその愛らしい姿を見せてくれたのですが この後に行った新城ビーチのそれは 近づくとすぐに潜り込んでしまって 水面に上がると出てくるという繰り返しでなかなか苦労しました
ちょっと珍しいセジロクマノミ  いそぎんちゃくの中央左寄りにいるのですがちょっとみづらいかも?
f0128542_101215.jpg

ハマクマノミという種類がたくさんいるポイントです 説明がふるっていて「クマノミマンション 満室」と書いてありました
f0128542_114497.jpg

偶然ですが珊瑚の天敵 オニヒトデにも遭遇  さされるとスズメバチと同じ毒を持っていて死に至ることも
f0128542_1115522.jpg


満足度の高いツアーでした  今回は海中写真だけで終わってしまいました(笑) 次回に続く
by samoyed-leo | 2012-07-09 01:06 | 旅行記 | Comments(0)