サモエド犬ルネとその家族のきまぐれ日記


by samoyed-leo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タイヤ入れ替え

ひさしぶりに車の話題です
先日やっと夏タイヤを新品に交換することができました
ところがはずしてもらったのを見て愕然としました
片側がかなりすり減ってスリップサインどころかトレッドパターンも削れていて
中のワイヤーみたいなのが見えはじめてました
よくこんなタイヤでのべ5,000km近い北海道の往復を無事走って帰ってこれたものです
まさかここまでの惨状とは思ってもみなかったです

f0128542_01163757.jpg
そういえば先日オートバックスに立ち寄ってワイパーゴムを交換した時に店員さんが「この車スリックタイヤ?」
と聞かれたことがありました スリックタイヤとはサーキット専用で溝がない代わりにグリップが重要視されるレース専用タイヤのことです
もちろん買った時からのタイヤですよー と答えておいたんですが今から思えばその時からかなりやばかったのかも?
あやうく整備不良で検挙されるところでした

おニューのタイヤはちゃんとトレッドがあります
f0128542_01221054.jpg
確かに真横から見るとタイヤの外側はほんのちょっとカットが入っているだけにみえないことはないですが
真ん中のほうにはちゃんと縦溝があって雨の日でも大丈夫なようになってます
これがほとんどない状態で雨の高速道路をたとえ80kmくらいとはいえ走っていたと思うとぞっとします

タイヤ交換と同時に息子に紹介されたタイヤショップで優れもののグッズを勧められました
空気を入れるバルブにそれぞれちょっとした部品をつけて常にタイヤの空気圧の情報を無線でとばして
ダッシュボードの装置でそれをモニターするという機械です
見た目は普通のバルブと変わりません
f0128542_01281790.jpg
不思議に思ったのは完全にタイヤにはめ込んでしまう部品なのでボタン電池が入っているけど
電池が無くなったらどうするんだろうということでしたが どうやらそれ自体の遠心力や振動で
少しずつ発電して4~5年は電池が保つんだそうです
ということは次のタイヤの交換までは大丈夫なんですよね なかなかよくできてます
おまけに普段の数値を設定しておけば15%以上数値が落ちれば黄色ランプ点灯で教えてくれるので
タイヤのスローパンクを教えてくれるだけでなくて適正空気圧を保てるようになるので助かります
f0128542_01371563.jpg
もうすぐ入れ替えるつもりの冬用タイヤにも付けておけば安心です バルブは8個要りますが本体は共用できるので
冬用タイヤでも安心してモニターできます
タイヤが片減りしているということはホイールのアライメントが狂っている可能性が高いので
今日ショップで見てもらいました 案の定 異常値が前の左と後ろの右側で発見されて適正値にしてもらいました
これで新品タイヤの片減りもなく寿命が延びるはずです
アライメント矯正は人間でいう骨盤矯正みたいなものです
意外に知られてなくて異常値のまま走っている方は多いと思いますが 数年に一度は検査をおすすめします
タイヤ交換の時にするのが一番手間が省けていいかも知れません
靴の片側がすぐにすり減るわたしも診てもらったほうがいいのかも

ルネのほうはやっと無事ワクチン接種をすることができました
f0128542_01454581.jpg
血糖値は相変わらずやや高めなんですが 以前のように跳ね上がった状態は脱したので
あとは気長に注意深く観察するしかありません
後ろ足の指の間がジュクジュクしていたり 口の横が荒れて傷になっていたり ちょっとしたトラブルがありますが
基本的には元気に過ごしています

f0128542_01484268.jpg
10月後半には旅行にでかけます それまでにひとつずつでも心配がクリアされていますように

by samoyed-leo | 2017-10-03 01:49 | | Comments(0)