サモエド犬ルネとその家族のきまぐれ日記


by samoyed-leo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ラーナ やすらかに

去年の11月に東京の動物王国で会えたのが最後だった
f0128542_23013100.jpg

石川さんのジャーキーを待つラーナ 奥にいるのはチロル

たくさんの子供たちを残して逝ってしまった。
↓2003年夏 石川さんの家で
f0128542_2314740.jpg

このとき生まれていたのが2頭のサモエドと4頭のサモエドール(ラブラドールのセンとサモエドのラーナのハイブリッド)
↓王国にあった犬たちの家系図
f0128542_2354548.jpg

↓自然豊かな石川家にてのワンショット
f0128542_2332342.jpg

↓石川家前にてサモっ子との記念撮影
f0128542_2345642.jpg


もう石川さんの家に行ってもラーナには会えない
でもまたきっといつか会える時がくると思っていたい

知床湖にての記念撮影
f0128542_2393374.jpg


またきっと北海道に行きます。 ラーナ やすらかに
Commented by ヒポ 仕事場 at 2008-02-26 11:41 x
パンジャさんは北海道時代のラーナやアラルを知ってるんですね。
私は王国があきる野に来てからアラルが去りカザフそしてサモが来る事になってからラーナが去りとっても寂しいです。
パエルっ子、エニセイっ子見守ってくれる事と思います。
Commented by ちょびん at 2008-02-26 11:58 x
レオ君と同じ病と闘いながらの日々、生まれ故郷に帰って食欲もあり体つきもふっくらして、まだ穏やかに年を重ねてくれると信じてました。目が見えなくなってからも、いしかわさんの声に反応し見上げる眼差しに絆の強さを感じていました。控えめで美人で、小さな体でたくさんの可愛い子を残してくれた偉大な母さん。ポッカリと大きな穴が開いてしまったような喪失感に包まれています。
Commented by パンジャ at 2008-02-26 15:38 x
ヒポさん> ラーナっ子やアラルっ子を石川さんのHPで見て まるで自分の子サモが育つのを見るように見守ってきました(笑)
ある意味みんな「うちの子」かも?
これからどんどん北海道でサモっ子がにぎやかに育つといいですねーっ!

ちょびんさん> 石川家でラーナだけは大きさですぐわかるんですよねー 
東京の王国でもそうでしたが・・・
あんなすてきなお母さんがいてノエルくんはよかったね
うちのレオは親兄弟もわからないので・・・
王国のメンバーもわたしが行った頃とはすっかり変わってしまいました。 でもこれからもどんどんたくさんのサモっ子が誕生して欲しいですね。 サモはみな兄弟姉妹です。
Commented by rankurin at 2008-02-27 08:51
苦しまないで逝ったそうなので。。。
でも10歳は早いですよね。。。
初夏には再会出来るかと思ってましたので
なおのことショックです。
ラーナの母はまだ健在なのにね。。。
犬も人もせめて親の年は越えないと。

みんな元気でいようね~!!
Commented by パンジャ at 2008-02-27 10:37 x
栗鈴ママさん> レオと同じ病気なのでなおのことひとごとではないんですよ。 5歳のレオが糖尿病と診断された時 まずは10歳を目指しましょうと先生に励まされてなんとかあと少しというところまでやってきました。 同じ病気のサモエドが長生きしてくれることが励みになっているんです。 特にラーナは高齢になってから発病したのがきびしかったのかも? 北海道に帰って元気を取り戻したと聞いていたので残念です。
レオもがんばりますので またお会いしましょうね。
by samoyed-leo | 2008-02-26 02:44 | ペット | Comments(5)