サモエド犬ルネとその家族のきまぐれ日記


by samoyed-leo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2015年 02月 11日 ( 1 )

宿に着いた日の夜 雪が降り始めました
降ったり止んだりしながらもしんしんと積もった翌朝は一面銀世界でした
f0128542_0431761.jpg


サモエドファミリー号はあわれな状態でした
f0128542_0442067.jpg

新雪なのでなんとかなるかなと考えていましたが甘かった
軽い下りなので発進すればなんとか脱出できるかなと思ってたらまず数メートル進まないうちにスタック
ボディーの下に雪が入りこんでまるで亀のお腹の部分を雪の台に乗っけた状態 もがいてももがいても進まない
4WDも形無し 空しく空転するだけ  ショベルを借りてひたすら車の下の雪を掻き出します
おかげで翌日は筋肉痛になりました  雪国の方の苦労を身に染みて実感
なんとか雪をどけてまず1回目は脱出しましたが ペンションの出口にあと数メートルというところで2度目のスタック
今度は雪をかいてもかいても脱出できませんでした
結局車の説明書を見ながら牽引ロープをつなぐフックを取り付けてオーナーさんの三菱デリカで引っ張ってもらってなんとか脱出に成功  前のフォレスターならなんとかなったかも知れませんが インプレッサは普通車と同じ車高でしかもオンロードスポーツ仕様なので車高がさらに低めなのが災いしました
最低地上高がものをいう雪道では情けない結果となりました ほんの数センチの違いでも大きな違いでした
朝の10時くらいから帰り支度をしたのに 宿のあるところから一般道に出られたのはお昼をまわってました

ルネはというとソラちゃんには会えませんでしたが 雪遊びは堪能できたはずです
人が苦労してショベルで雪をどけているのに その雪をぱくっと食べようとしてました
雪とサモエドってこんなにしっくりはまるんですね
f0128542_17569.jpg


でもさすがにこの雪の量のためにぴょんぴょん跳ね回るというところまではいきませんでした
f0128542_19336.jpg

数歩ずぼずぼ歩いては立ち止まり 困ったような顔のルネです

宿を出たのが昼過ぎで山を下りてきても積雪が思いのほかすごくてどこへも行けそうにないので舞鶴とれとれセンターで遅めの昼食をとりました
1日目の昼食はわたしだけうな丼とあら汁のセット かみさんはかにに備えてコロッケひとつでした
f0128542_1175930.jpg

ルネにあげるものはなんにも無いよ
f0128542_1152564.jpg


2日目は遅めに着いたのでルネは車で休んでもらって市場の中で食事しました
わたしはうに&ネギトロ丼
f0128542_122579.jpg


かみさんはうに&いくら丼でした
f0128542_1214436.jpg


氷点下3度の世界からなんとか無事に帰ってきました
ふもとまで先導していただいた自給自足のオーナーさん お世話になりました
by samoyed-leo | 2015-02-11 01:24 | 旅行記 | Comments(0)