「ほっ」と。キャンペーン

サモエド犬ルネとその家族のきまぐれ日記


by samoyed-leo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今回のメイン料理  蟹にはいろいろ種類があるけど ここ香住の物は紅ズワイと呼ばれている
ゆでなくても赤いカニ  松葉蟹よりも深海で獲れるため 皮が薄くて身は淡泊なんだそうだ
同じテーブルに置いて比べてみれば一目瞭然  シーズンも松葉に比べて長い間楽しめるそうだ

松葉蟹はこんな感じ
f0128542_23381091.jpg

2人でそれぞれ違う蟹を注文してみた

香住蟹は一目見ればわかるほど ゆでているかのように赤い
f0128542_23402446.jpg


料理法は 刺身から始まり しゃぶしゃぶ 炭火焼き ゆでたものと フルコース状態
一番はっきりわかったのが かにみそを食べた時
松葉蟹は いわゆる定番の濃厚なみそであるのに、 香住蟹は さっぱりとした風味

これだけたくさん食べていると 不思議と淡泊な味の方がよくなってくる気がする
贅沢に食べたあとの殻を放り込んでだしをとってから ぞうすいにしてもらう
んー んまい! でも食べきれない   結局ゆでたものは翌日におみやげとして
包装してもらって持って帰ることになった  1人あたり2杯半というのはけっして少なくは
ないとは思うけど 通な方は3杯くらいはいけるらしい

翌日の朝食にも 大きな汁碗だなぁと思っていたら せこがに(メスの蟹)がどーんと入っていて
f0128542_23503820.jpg

また朝からおなかいっぱいになってしまった

あとは日本海ドライブを楽しんで帰るだけということで しばらく走っていると
どこかで見たような不思議な景色
あの餘部の鉄橋が・・・ なくなってる!  コンクリートの新しい高架橋になっていて
こちら側からは見えないが 古いものは5分の1くらいを残すのみだった
f0128542_23564198.jpg

鉄道ファンがたくさん来て撮影する場所で有名だったのに・・・
今 見たらよくこんな鉄橋を列車が走っていたものだと あらためて感じる
ところが今でも 少し走ってみると 以前のものによく似た橋があちこちに残っている

近いとは思っていたがこれほどとはと思ったのが いつの間にか鳥取県まで入っていたこと
f0128542_023170.jpg

このあたりまで来ると汚れる理由がないくらい自然豊かなせいか 本当にきれいな海
浜まで降りてみる
波はそんなに高くないけど 大阪ナンバーのサーファーさん発見
f0128542_044430.jpg

ついでに鳥取砂丘まで足を延ばす
この向こう側はもう砂丘であるが あいにくの空模様
f0128542_091369.jpg

コロプラのバーチャルみやげと リアルなみやげを買ってから帰途につく
ちなみにコロプラみやげは 二十世紀なしとらっきょう漬け 鳥取城の置物と
砂丘の砂時計でした    なかなか地方の特産がわかって興味深い

城崎温泉まで来た道を折り返し いかにもマニアックそうな円山川(まるやまがわ)温泉に
入って帰ることにする
f0128542_0115392.jpg

源泉かけ流しのせいか 露天風呂に入ると底が冷たく感じるほど
三重のもくもくの湯も 源泉の状態だったが ここもそうなのかと 内湯で暖まってから
出ようと 内湯に入ってみると あれ? こっちもぬるい
わたしは大丈夫だったが かみさんは寒くて全然暖まれなかったらしい
温かい時期しか難しいのか  泉質はまあ天然温泉らしいもので飲めるけどけっこう塩辛い
やっぱり温泉の感想コメントとかを事前にチェックしてはいるが 個人個人の感想であって
それぞれ感じることが微妙に違うことがよくわかった

さて城崎まで来たら 帰りは出石そばでも食べてとなるのが世の常?
しっかりといただきました
f0128542_0181752.jpg

近又(きんまた)というお店でした
こだわりのそばに こだわりのたまご だし すべておいしゅうございました
最初はおつゆだけで 何杯目からは好みの味つけで食べるとなおよろしいそうで
たまごととろろをまぜるとろたま状態が一番気に入ったので そばつゆまでいただくと
ここでもまたおなかいっぱいに (食べ歩きのために最近はお酒もおやつも控えて普段は節制中です)
風情のある町並みを散策して
f0128542_0231445.jpg


帰りも 来たルートとほぼ同じルートで19時過ぎには帰宅
高速道路の通行料はゼロ円  ガソリン代もそんなにかからず その分現地でちょっと贅沢をできた
旅行でした
by samoyed-leo | 2010-11-28 23:52 | 旅行記 | Comments(10)
今回の旅行のテーマはやっぱり んまいもんと温泉 行き先は山陰方面

先日の日帰り温泉からさらに上に登って 亀岡方面に行く途中にこんな見事な紅葉が見られました
f0128542_1172097.jpg


渓流と紅葉のコントラストが見事
f0128542_1191534.jpg

わが家から出発してほんの30分でこんなところがあるなんて

平日の旅行は 今のところ継続中の高速道路の一部無料化試験中の路線を利用
高槻から亀岡に峠越えをして 京都丹波道路を利用 一旦一般道へ降りてから
舞鶴若狭自動車道へ乗り継いで 一気に福井県の小浜までひとっ走り
これで特に早起きもせず 昼前には無事到着 コロプラで福井県の残り2地区のうち
ひとつをゲット

そのまま山陰側の舞鶴、京丹後地区をゲット はれて京都府を制覇してから
今回の宿がある兵庫県の香住を目指す(すみません またコロプラしてます)

舞鶴のとれとれ市場にての昼食はうにちらし
f0128542_1285764.jpg


一般道をひたすら走っていると 兵庫県の豊岡を越えたあたりからの道は一気に
細くてうねった わたし好みのカーブの連続  碓氷峠の旧道のような小刻みな
カーブだらけで しかも対向車もめったに来ない
そして景色がまた最高! 色とりどりの紅葉が山を覆い尽くして しかも断崖絶壁の向こうは 
なんともいえない青い日本海
よそ見は禁物だが ついつい景色を見てしまうくらい
紅葉と海が一度に拝める場所はあまりないので それだけでも大満足

そうこうしているうちに あっという間に目的地に到着
目の前は日本海 深い青緑の海はあいにく もう夕方で写真に撮れず
f0128542_1425472.jpg


この地区の夕陽が見える宿百選の「三七十館(みなとかん)」が今回のお宿
f0128542_1445488.jpg


宿に入るといきなり目の前にいけすがあって
f0128542_1472974.jpg

きょうごちそうになるかにさんとご対面
産地証明のタグ付き 正真正銘の香住ガニです

部屋に入ると 日本海を見下ろす窓際には プライベートなかけ流しのお風呂
f0128542_1502512.jpg

温泉の成分表つきの その名も「海のしずく温泉」

大きな風呂に入った後も 寝床に入る前と 朝起き抜けに1回ずつお風呂を堪能しました
伊豆の海を見下ろすプライベートな露天風呂以来かな? 何度入っても最高

今回の旅行の目的のうち 食べるほうのメインはもちろん 香住産の蟹です
長くなりそうなので 続きはまた明日
by samoyed-leo | 2010-11-27 01:57 | 旅行記 | Comments(0)

またまた 日帰り温泉

今日(もう昨日です)は ご近所にいろいろ用があって 絶好のドライブ日和だったのに
近場で済ませました

灯台下暗し とはこのこと! わが家から淀川をはさんで反対側
山が白くなったらすぐわかる位置に 摂津峡という紅葉の名所があります
わが家から携帯の位置登録(またコロプラしてました)で見てみるとほんの一桁kmの
ところに なんと天然温泉で穴場を見つけました

美人湯 祥風苑
f0128542_0335052.jpg


この画面左手奥は摂津峡です
f0128542_0353065.jpg

まわりはみごとな田園風景

この温泉はすごーく印象に残りました
草津温泉 西の河原(さいのかわら)の露天風呂の強酸性 PH値1.5にもびっくりしましたが
ここは逆にPH値9.12という超アルカリ温泉です
石鹸が肌に残っているかのようなつるつるすべすべ感 
館内では何度も注意の放送をしているくらい 湯船もすべすべ(笑)
油断をするとすってんころり
ガソリンスタンドのように 温泉の販売もしてます
f0128542_0393438.jpg

ご家庭用には 濃縮したペットボトルもあって普通の家のお風呂なら
1㍑のボトルでちょうどいいそうですが・・・
飲用の温泉もあって これは飲んで40分もたつと血液がさらさらになるらしいです
試しに館内でごくり  飲み続けると 痛風の恐れがあるわたしにはぴったりの効用が
あるそうで(笑) 尿酸値、血糖値やコレステロール値が改善するそうです
でっかいペットボトルを持って買いにこなければ・・・

ついでに紅葉も楽しめます
f0128542_0441851.jpg

摂津峡は紅葉の名所でもありますから あたりまえか

屋上の露天風呂は開放感いっぱい 屋上全面が男女分かれた露天風呂になっています
心地いい風にあたりながら 湯当たりせずに露天風呂を満喫できます
なんか温泉ブログになりかけてますね(笑)
でも本当に近くでいいところを見つけてよかった

レオはいないけどクリスマスの準備は着々と進行中
by samoyed-leo | 2010-11-20 00:50 | 旅行記 | Comments(0)

最近のマイブーム

それは日帰り温泉旅行
もともとは近くのスーパー銭湯が天然温泉を売りにしていて
そこから始まったのですが 最近はちょっと遠出をしていろいろ巡ってます
最近のおすすめは「野天もくもくの湯
f0128542_052234.jpg

三重県の伊賀市にあります

わが家にとっては片道100kmまでは充分日帰り圏内
ましてやここはコロプラ(携帯位置ゲーム)によると わが家から約44kmしかない
(直線距離であくまでも携帯で位置登録した数値です)
まわりは自然ゆたかな山稜地で 東京にあった動物王国のような雰囲気の施設もあり
ここで売られている豚肉製品は一度食べるとやみつきになるくらい
野菜や花なども農家からの直接仕入れ 直接販売  いいものが安い
特に手作りのソーセージとかベーコンときたら ちょっとしたしろもので ついつい買って帰ってしまう
f0128542_11369.jpg


ここの一番のウリは その名の通り 野天にある露天風呂
一番上にあるのは 奈良の石舞台のような大きな石をくりぬいた湯船から
伊賀市を見下ろす絶景を楽しみながら入浴できる木の葉隠れの湯
この時期はもみじも見事で 入浴しながら紅葉を楽しむことができます
f0128542_134631.jpg


夜は星空が見事だそうで・・・ ただひとつ難点は よーく暖まってからでないと
露天風呂に行く数分の移動が寒いこと
一番近いかけ流し状態のお風呂は源泉の温度(約36℃)に近く 暖まるまでいかないこと
屋内の湯船によーくつかってから えいやっと移動する感じです
でも長ーくつかって楽しむのはこの源泉くらいの温度がちょうどいいのかも

現地調達したのは 関西版がすでにわが家で大活躍している日帰り温泉情報誌
f0128542_195783.jpg

遠く信州から静岡県まで網羅してます
伊豆が無いのは別冊にするほどあるから?  いや伊豆は日帰りは無理だからか?
続きは行ったときにまたご報告します
by samoyed-leo | 2010-11-18 01:13 | 旅行記 | Comments(4)

2ショットふたたび

休日にドライブにでかけている間に 息子一家がわが家にやってきたようで
f0128542_8151073.jpg

倖樹 生後2ヶ月 4kgを超えて順調です

ぬいぐるみのレオが見守る中、 すやすや眠ってます
f0128542_8173841.jpg

何年かして走り回る頃には 犬嫌いにならないようにサモオフで鍛えないとね
by samoyed-leo | 2010-11-10 08:21 | ペット | Comments(4)

レオぐるみ

昨夜 あるメールが着て 以前注文していて、待ちに待ったものができあがったそうで
早速取りに行ってきました

レオをモデルにしたぬいぐるみです
f0128542_1220028.jpg


全部手作りなのは当然として 今回初めて毛の長い犬を題材にしてもらいました
写真だけしかお見せしてないのに 毛が顔だけ短いところとか レオの毛がオフホワイトな
こともすべて 写真だけを基にして作ってくれたのですが そのできばえはご覧のとおりです
f0128542_12224079.jpg


生地にかなり苦心されたそうで 長い毛足の生地の顔の部分だけをカットしてあります
f0128542_1223417.jpg

これでわが家が少しにぎやかになります

お世話になったのはfabbricaさんです
本当にありがとうございました!
by samoyed-leo | 2010-11-09 12:27 | ペット | Comments(2)