サモエド犬ルネとその家族のきまぐれ日記


by samoyed-leo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

んまいもんシリーズ 2018年秋 伊豆旅行編

さあ がんばって感動が薄れないうちにんまいもんをご紹介します

今回はゆっくりスケジュールだったので刈谷ハイウェイオアシスで朝食でした
これまで鶏三和さんの卵かけごはんなどが定番だったけど新規開拓もいいかなと選んだのが
イタリアンの「プレスト サルヴァトーレ クオモ」さんのモーニングセットです
f0128542_01541451.jpg
スープにサンドイッチ キッシュがついてなんと500円ワンコイン


中身も結構充実してました
f0128542_01564750.jpg
これだけあれば充分です これでコーヒーを隣のお店で調達して朝食が完結しました
楽風雅殿に泊まる時は昼食を抜くことにしているので朝はしっかり取らないといけませんからね



写真が多いので早速メインの楽風雅殿さんの夕食のご紹介に入りますが まず迎えてくれるのがオーナーさんのお母さん手作りのお茶菓子です
今回は黒糖まんじゅうでした
f0128542_03034583.jpg

まずは全景写真です
f0128542_02035212.jpg
秋の味覚満載です ひとつひとつのお料理が色、味、形をそれぞれ楽しめるようになっています


刺身もいつもながらすごいことになっていました  付箋で内容がわかるようにしてくれてます
f0128542_02071487.jpg
お刺身は中央の奥からキンメ ヤッパタ ホウサン イサキ炙り トビウオ だそうです
それ以外にもホタテ 海老 あじのたたきなどがありました


目を引いたのがトビウオです
f0128542_02111987.jpg
四国生まれのわたしが父親に連れられて豊後水道で釣り船に乗った時に実際に飛んでいたのを見た覚えがありますが
それにしても見事なむなびれですね  お味はあっさり系の白身魚でした

前菜が 玉子柿 素麺いがぐり 紅葉丸十 栗 イチョウ柿 です
f0128542_02174004.jpg
ひとつひとつ楽しみながらいただきました 素麺のいがぐりが不思議な食感です おそらく揚げてあるんでしょうがパリパリしていておいしいです


ガラス皿に乗ったえびのカダイフ巻です
f0128542_02213304.jpg
帽子を逆さにしたようなお皿はわが社でもよく使いますが そのくぼみにトマトバジルのソースが入っていてそれをつけながらいただきます
これも外側がパリパリしていて えびとソースが抜群の相性です
丸太の上には金目鯛の大吟醸焼 花レンコン ししとう などなど 紹介しきれないくらいのお料理がありました
印象に残ったのが稲穂です お米がポップコーンみたいに弾けてて食べられるんです どうやって作ったのかさっぱりわかりません



焼物は鮭の板麩焼でした
f0128542_02255159.jpg
実は下の板麩も食べられるんです ぱりぱりでこれもおいしかったです


お肉は和牛の陶板焼です
f0128542_02300475.jpg
もちろん色が変わるくらいで食べたほうがおいしいんです やわらかで脂っこくなくてお気に入りの一品です


お待ちかねの松茸の土瓶蒸しが出てきました
まずはかわいらしい全景をぱちり
f0128542_02325850.jpg
上に乗ったお猪口につゆを入れてまずいただきます
すだちをしぼって絶妙なお味になります


中身は松茸はもちろんですがその他に海老や素麺 野菜などがいっぱい入ってます
f0128542_02353060.jpg
これも楽しみのひとつですね


そしてやっぱり秋といえば栗ご飯です
f0128542_02364519.jpg
だいたいいつも食べきれないのでラップを置いてくれています  即席のおにぎりにして残りを部屋に持って帰ります

デザートのケーキが出てくる頃にはもうおなかいっぱいです
この日は桃がたっぷり入ったケーキでした
f0128542_02391628.jpg
ピンクペッパーがかわいらしいアクセントですね
これも半分は部屋に持って帰ります


4分の1カットしたのがこちらです
f0128542_02413005.jpg
これで充分です わたしたちはもう無理ですが口コミを見るとこれ以外にお酒も飲んでお部屋でおやつまで別に食べられていた方がいました
なのでオーナーさんは量は減らせないとおっしゃってました  なるほどねー いろんな人がいるから大変ですね


わたしたちの夕食はこれで終わりですが それでもルネの夕食にはまだ時間がありました
いっぱいなでなでしてもらっていい子で待機していました
f0128542_02462073.jpg


翌日の朝食はあいかわらずちょっとしたお昼の懐石として通用しそうな豪華版朝食です
f0128542_02475533.jpg
メインのお膳は二階建てになってます 上はお漬物などになってます  これがまた全部おいしいんです


かみさんに蓋を取ってもらったところです
f0128542_02495111.jpg


お漬物だけでも絵になるんですよね
f0128542_02534162.jpg

紙包みの中はあっさり味のハンバーグでした
f0128542_02511141.jpg


そしてわたしの大好きな揚げ出し豆腐です
f0128542_02545136.jpg
ほっかほかでやわらかなお豆腐でした   奥にはフルーツがあります


鍋には芋煮がぐつぐつしてました
f0128542_02555618.jpg


たけのこなどの煮物のお椀まであります
f0128542_03001116.jpg


そして侮れない具がたくさん入った茶わん蒸しです
f0128542_02574151.jpg
かに身がはいっていたりして中身が結構なボリュームです


当然ながらお昼におなかがすくわけもなく 自宅に帰ってから丸亀製麺のうどんで一日を締めました
結局ほとんどが楽風雅殿のお料理の紹介で終わってしまいました
今回の旅行記はこれでおしまいです   ご清聴?ありがとうございました

by samoyed-leo | 2018-10-10 23:59 | んまいもん | Comments(0)